商標法第六十八条の十(国際商標登録出願の出願時の特例)

提供: 特許戦が好きだ
移動先: 案内検索
(国際商標登録出願の出願時の特例)
第六十八条の十 前条〔領域指定による商標登録出願〕第一項の規定により商標登録出願とみなされた領域指定(以下この章において「国際商標登録出願」という。)に係る登録商標(以下この条において「国際登録に基づく登録商標」という。)がその商標登録前の登録商標(国際登録に基づく登録商標を除く。以下この条において「国内登録に基づく登録商標」という。)と同一であり、かつ、国際登録に基づく登録商標に係る指定商品又は指定役務が国内登録に基づく登録商標に係る指定商品又は指定役務と重複している場合であつて、国際登録に基づく登録商標に係る商標権者と国内登録に基づく登録商標に係る商標権者が同一であるときは、国際商標登録出願はその重複している範囲については、国内登録に基づく登録商標に係る商標登録出願の日にされていたものとみなす。
2 第六十八条の三十二〔国際登録の取消し後の商標登録出願の特例〕第三項及び第四項の規定は、前項の国際商標登録出願に準用する。

前条・次条

商標法
商標法第七章の二 マドリッド協定の議定書に基づく特例(第六十八条の二―第六十八条の三十九)

前条 
商標法第六十八条の九(領域指定による商標登録出願)
次条 
商標法第六十八条の十一(出願時の特例)