著作権法第三十九条(時事問題に関する論説の転載等)

提供: 特許戦が好きだ
移動先: 案内検索
(時事問題に関する論説の転載等)
第三十九条 新聞紙又は雑誌に掲載して発行された政治上、経済上又は社会上の時事問題に関する論説(学術的な性質を有するものを除く。)は、他の新聞紙若しくは雑誌に転載し、又は放送し、若しくは有線放送し、若しくは当該放送を受信して同時に専ら当該放送に係る放送対象地域において受信されることを目的として自動公衆送信(送信可能化のうち、公衆の用に供されている電気通信回線に接続している自動公衆送信装置に情報を入力することによるものを含む。)を行うことができる。ただし、これらの利用を禁止する旨の表示がある場合は、この限りでない。
2 前項の規定により放送され、若しくは有線放送され、又は自動公衆送信される論説は、受信装置を用いて公に伝達することができる。

前条・次条

著作権法
著作権法第二章 著作者の権利(第十条―第七十八条の二)

前条 
著作権法第三十八条(営利を目的としない上演等)
次条 
著作権法第四十条(政治上の演説等の利用)