特許法第一条(目的)

提供: 特許戦が好きだ
移動先: 案内検索
(目的)
第一条 この法律は、発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする。
(目的)
第一条 産業の発達への寄与

外部リンク

第1章 特許法の法目的(第1条)

四法対照

(目的)
特許法第一条 この法律は、発明の保護及び利用を図ることにより、発明を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする。
(目的)
実用新案法第一条 この法律は、物品の形状、構造又は組合せに係る考案の保護及び利用を図ることにより、その考案を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする。
(目的)
意匠法第一条 この法律は、意匠の保護及び利用を図ることにより、意匠の創作を奨励し、もつて産業の発達に寄与することを目的とする。
(目的)
商標法第一条 この法律は、商標を保護することにより、商標の使用をする者の業務上の信用の維持を図り、もつて産業の発達に寄与し、あわせて需要者の利益を保護することを目的とする。

前条・次条

特許法
特許法第一章 総則(第一条―第二十八条)

次条 
特許法第二条(定義)