特許法第十七条の五(訂正に係る明細書、特許請求の範囲又は図面の補正)

提供: 特許戦が好きだ
移動先: 案内検索
(訂正に係る明細書、特許請求の範囲又は図面の補正)
第十七条の五 特許権者は、第百二十条の五〔意見書の提出等〕第一項又は第六項の規定により指定された期間内に限り、同条第二項の訂正の請求書に添付した訂正した明細書、特許請求の範囲又は図面について補正をすることができる。
2 特許無効審判の被請求人は、第百三十四条〔答弁書の提出等〕第一項若しくは第二項、第百三十四条の二〔特許無効審判における訂正の請求〕第五項、第百三十四条の三〔取消しの判決があつた場合における訂正の請求〕、第百五十三条〔同前:職権による審理〕第二項又は第百六十四条の二〔特許無効審判における特則〕第二項の規定により指定された期間内に限り、第百三十四条の二第一項の訂正の請求書に添付した訂正した明細書、特許請求の範囲又は図面について補正をすることができる。
3 訂正審判の請求人は、第百五十六条〔審理の終結の通知〕第一項の規定による通知がある前(同条第三項の規定による審理の再開がされた場合にあつては、その後更に同条第一項の規定による通知がある前)に限り、訂正審判の請求書に添付した訂正した明細書、特許請求の範囲又は図面について補正をすることができる。

前条・次条

特許法
特許法第一章 総則(第一条―第二十八条)

前条 
特許法第十七条の四(優先権主張書面の補正)
次条 
特許法第十八条手続の却下)