意匠法第三十七条(差止請求権)

提供: 特許戦が好きだ
移動先: 案内検索
(差止請求権)
第三十七条 意匠権者又は専用実施権者は、自己の意匠権又は専用実施権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。
2 意匠権者又は専用実施権者は、前項の規定による請求をするに際し、侵害の行為を組成した物プログラム等特許法第二条〔定義〕第四項に規定するプログラム等をいう。次条〔侵害とみなす行為〕において同じ。を含む。以下同じ。の廃棄、侵害の行為に供した設備の除却その他の侵害の予防に必要な行為を請求することができる。
3 第十四条〔秘密意匠〕第一項の規定により秘密にすることを請求した意匠に係る意匠権者又は専用実施権者は、その意匠に関し第二十条〔意匠権の設定の登録〕第三項各号に掲げる事項を記載した書面であつて特許庁長官の証明を受けたものを提示して警告した後でなければ、第一項の規定による請求をすることができない。

四法対照

(差止請求権)
特許法第百条 特許権者又は専用実施権者は、自己の特許権又は専用実施権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。
…
(差止請求権)
実用新案法第二十七条 実用新案権者又は専用実施権者は、自己の実用新案権又は専用実施権を侵害する者又は侵害するおそれがある者(以下「侵害者等」という。)に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。
…
(差止請求権)
意匠法第三十七条 意匠権者又は専用実施権者は、自己の意匠権又は専用実施権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。
…
(差止請求権)
商標法第三十六条 商標権者又は専用使用権者は、自己の商標権又は専用使用権を侵害する者又は侵害するおそれがある者に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。
…

前条・次条

意匠法
意匠法第四章 意匠権(第二十条―第四十五条)
意匠法第四章二節 権利侵害(第三十七条―第四十一条)

前条 
意匠法第三十六条特許法の準用)
次条 
意匠法第三十八条(侵害とみなす行為)