特許法第六十八条の二(存続期間が延長された場合の特許権の効力)

提供: 特許戦が好きだ
移動先: 案内検索
(存続期間が延長された場合の特許権の効力)
第六十八条の二 特許権の存続期間が延長された場合(第六十七条の二〔存続期間の延長登録〕第五項の規定により延長されたものとみなされた場合を含む。)の当該特許権の効力は、その延長登録の理由となつた第六十七条〔存続期間〕第二項の政令で定める処分の対象となつた物(その処分においてその物の使用される特定の用途が定められている場合にあつては、当該用途に使用されるその物)についての当該特許発明の実施以外の行為には、及ばない。

前条・次条

特許法
特許法第四章 特許権(第六十六条―第百十二条の三)

前条 
特許法第六十八条(特許権の効力)
次条 
特許法第六十九条(特許権の効力が及ばない範囲)