意匠法第二十六条の二(意匠権の移転の特例)

提供: 特許戦が好きだ
移動先: 案内検索
(意匠権の移転の特例)
第二十六条の二 意匠登録が第四十八条〔意匠登録無効審判〕第一項第一号に規定する要件に該当するとき(その意匠登録が第十五条〔特許法の準用〕第一項において準用する特許法第三十八条〔共同出願〕の規定に違反してされたときに限る。)又は第四十八条第一項第三号に規定する要件に該当するときは、当該意匠登録に係る意匠について意匠登録を受ける権利を有する者は、経済産業省令で定めるところにより、その意匠権者に対し、当該意匠権の移転を請求することができる。
2 本意匠又は関連意匠の意匠権についての前項の規定による請求は、本意匠又は関連意匠の意匠権のいずれかの消滅後は、当該消滅した意匠権が第四十九条〔同前:意匠登録無効審判〕の規定により初めから存在しなかつたものとみなされたときを除き、することができない。
3 第一項の規定による請求に基づく意匠権の移転の登録があつたときは、その意匠権は、初めから当該登録を受けた者に帰属していたものとみなす。当該意匠権に係る意匠についての第六十条の十二〔国際公表の効果等〕第一項の規定による請求権についても、同様とする。
4 共有に係る意匠権について第一項の規定による請求に基づきその持分を移転する場合においては、第三十六条〔特許法の準用〕において準用する特許法第七十三条〔共有に係る特許権〕第一項の規定は、適用しない。

四法対照

(特許権の移転の特例)
特許法第七十四条 特許が第百二十三条第一項第二号に規定する要件に該当するとき(その特許が第三十八条の規定に違反してされたときに限る。)又は同項第六号に規定する要件に該当するときは、当該特許に係る発明について特許を受ける権利を有する者は、経済産業省令で定めるところにより、その特許権者に対し、当該特許権の移転を請求することができる。
…
(実用新案権の移転の特例)
実用新案法第十七条の二 実用新案登録が第三十七条第一項第二号に規定する要件に該当するとき(その実用新案登録が第十一条第一項において準用する特許法第三十八条の規定に違反してされたときに限る。)又は第三十七条第一項第五号に規定する要件に該当するときは、当該実用新案登録に係る考案について実用新案登録を受ける権利を有する者は、経済産業省令で定めるところにより、その実用新案権者に対し、当該実用新案権の移転を請求することができる。
…
(意匠権の移転の特例)
意匠法第二十六条の二 意匠登録が第四十八条第一項第一号に規定する要件に該当するとき(その意匠登録が第十五条第一項において準用する特許法第三十八条の規定に違反してされたときに限る。)又は第四十八条第一項第三号に規定する要件に該当するときは、当該意匠登録に係る意匠について意匠登録を受ける権利を有する者は、経済産業省令で定めるところにより、その意匠権者に対し、当該意匠権の移転を請求することができる。
…

前条・次条

意匠法
意匠法第四章 意匠権(第二十条―第四十五条)

前条 
意匠法第二十六条(他人の登録意匠等との関係)
次条 
意匠法第二十七条(専用実施権)